陰部脱毛で黒ずみも解消

陰部脱毛で黒ずみも解消

陰部脱毛することで黒ずみも解消される場合があります。陰部の黒ずみは下着の締め付けや頻繁にむだ毛処理でよけいな刺激を与えているからで、これらの刺激を減らすことで黒ずみを薄くすることができます。かみそりを当てるとどうしても表面の皮膚まで削ってしまい、メラニン色素が刺激に対抗しようと表面に出てきて黒くなります。電動シェーバーなら刺激は少なくて済みますが電動シェーバーだとつるつるには剃れないため、結局かみそりで剃ることになるようです。陰部脱毛すればほぼ自分で手入れする必要がなくなるので、よけいな刺激がだいぶ減ります。お風呂場で手鏡を使って自己処理をするのも何となく冴えないですから、サロンに任せたほうが楽でしょう。水着を着たときなどに黒ずみが気になるなら、ビキニラインだけでなく陰部も脱毛を考えてみましょう。

痛み対策でストレスなく陰部脱毛

陰部脱毛は痛い、というのが通説とされています。最近のマシンは質も上がっていることから、痛みを感じにくいサロンもありますが、それでも痛みに弱い人にはストレスとなるでしょう。痛い痛いと不安になるとよけいに痛みを強く感じるので、なるべく気を楽に持ち、不安ならカウンセリングのときに「痛みに弱いので不安なのですが」と正直に相談しましょう。痛みが怖いお客さんはたくさんいるので、カウンセラーも慣れたもので、十分なケアをしてくれます。また、生理前後は肌が敏感になっているのでこの時期を避けるといいです。それから、乾燥していると痛みを感じやすくなります。普段から化粧水や保湿液などで顔と同じように保湿に心がけておきましょう。保湿をしっかりすることで陰部の黒ずみも和らぐので一石二鳥です。どうしても不安なら麻酔クリームが使える医療脱毛にするのもおすすめです。

陰部脱毛で清潔さもアップ

夏になると水着を着るから陰部脱毛、という人も増えますが、陰部脱毛は見た目以上にメリットが多いです。まず、よけいな毛がないことで清潔に保つことができます。毛が生えているとどうしても尿や経血などが肌に残りやすく、雑菌も繁殖します。それが肌のトラブルの原因になったり、嫌な臭いの原因になったりしてしまいます。でもつるつるならトイレなどで拭くときもしっかり拭き取れるため、いつもからっと清潔に保てます。パートナーがいる人はもちろんですが、いない人もメリットが多いと言えるでしょう。水着を着ないから、とか、セクシーな下着を着るわけではないから、という人も、陰部を清潔に保つために陰部脱毛を検討してみるといいかもしれません。特に女性の場合、月経の際の経血によるストレスがぐっと減少します。毎月のことですからなるべく快適にすごしましょう。